ちょっとした話
石豆ってご存知ですか 皆さんは「石豆(いしまめ)」ってご存知ですか。乾燥した豆を加工する前には、水またはお湯に浸して戻しますが、戻しても吸水しない豆があり、これを石豆と呼んでいます。外見で石豆かどうかは判断することはできず、当社でも醤油豆をつくる際には、そら豆をお湯で戻したときに石豆を選別します。この選別工程を省略してしまうと、出来上がりの味や食感に影響がでるのです。
香川県の伝統の豆料理を食べやすく仕上げた醤油豆はコチラ。
選外の黒豆はいずこに ツヤツヤ、まるまると炊きあがった丹波黒豆煮は、次に選別工程へ進みます。少しでも(ホントに少しでも!)皮が破れていたり、割れたりしているものはこの工程で選別されます。選外となった豆たちはいったいどうなるのかと思いきや、ジャムやケーキの材料に使います。私たちは、すべての素材を無駄無く使い切ることを徹底しています。 ふっくらつややかな丹波黒豆煮はコチラ。 
丹波黒豆煮を使ったレシピはコチラ。
素材が製品となるまで 当社の丹波黒豆煮は、兵庫県丹波地方で栽培された良質の黒豆を使用しています。買い付けた生豆を選別するところからはじまり、炊き上げ、選別、容器詰め、殺菌、包装までの工程で、約7日ほどかかります。自動化された工程はあるにせよ、炊きあがりの具合を確認したり、豆の割れなどを選別したりする際には、たくさんの人の目や手が欠かせません。「素材」が「製品」になるためには、時間がかかるものなのです。
ベストな芋を探して 農産物の出来不出来は、とかく気候や天候に左右されるものです。蜜いもグラッセの原料である、鹿児島県種子島でつくられる安納芋もその例外ではありません。収穫時期が限られ、収穫後の「ねかせ期間」の程度によっても味が変わってしまいます。一筋縄ではいかない安納芋の原料調達の見極めと、徹底した品質管理によって、濃厚な甘味、しっとりやわらかな食感を実現しました。
甘いもの好きにはたまらない、蜜いもグラッセはコチラ。
瓶詰め製品の殺菌のこと 丹波黒豆煮には、トレー容器の他に瓶詰めの製品があります。こちらもレトルト殺菌したあと出荷されます。瓶詰め製品の殺菌方法としてレトルト殺菌が優れている点として、圧力をかけながら殺菌するので、中の液がこぼれない、殺菌ができる(もちろん)、レトルト終了時には瓶のキャップにゆるみがないので、そこから雑菌が入る心配がない、ということ。つまりレトルト殺菌は、瓶詰め製品にとって、いいことずくめの殺菌方法なのです。
きくらげ佃煮ファンが多いんです きくらげ佃煮。発売から数えておそらくは40年ほど。当社製品の中でもかなり古株であります。肉厚で歯ごたえのあるきくらげを使い、じっくりと甘辛く炊き上げました。佃煮はお肉やお魚のおかずに比べて地味な存在ではありますが、ご飯のお供に、お弁当に、おにぎりの具材にと常備しておけば何かと重宝します。コリコリとした歯触りがくせになる、実は社員の中でもファンが多いんです。
甘辛く炊き上げたきくらげの佃煮はコチラ。
途方もなく根気のいる仕事 オリーブ塩漬け工程の一つ。小さなキズやへこみ、わずかな色のちがいなど、じっと見てもわからないくらいのものですが、これらを一つひとつ選別する工程があります。とても根気のいる仕事ではありますが、お客様のお手元に届いたときに「?」ということにならないように、との思いで選別をしています。
オリープの塩漬けはコチラ。
マルキン食品のことがよくわかる、「マルキン食品はこんな会社です」も読んでください♪
ページトップ

マルキン食品株式会社
〒761-4434 香川県小豆郡小豆島町西村甲263番地
TEL 0879-82-0056 / FAX 0879-82-0014
E-mail  info@marukin-syokuhin.com


Copyright(c)2015 MARUKIN FOODS CO., Ltd. All rights reserved.